子授け・安産祈願
  
安眠・枕の祈願

 厄除け・七五三

 
家の新築・工事の祈願
   地鎮祭・出張祭

 通信祈祷のお申し込み




 

 
  日根神社のなりたち
 

  ・ご神徳とご利益

  ・神話の世界
 
   年間の行事予定
 

  
 「まくら祭り」・「ゆ祭り」
 
   お札・お守り・祀り方
  ・通信でのお申し込み

 
   アクセスマップ
 
  ・神社・関係団体
  ・近郊の名所
  ・情報サイト


 
   お気軽にご相談ください




御祈祷

ご神前でお祓い後、お札・お守りなどをお渡しいたします。

御祈祷料


各種祈祷 5,000円~


安産祈願 さらし腹帯付き 5,000円 ・ 腹巻タイプ付き 7,000円

※お手持ちの腹帯をご持参いただければ、併せてお祓いいたします。

 

祈願内容

安眠・子授け・安産・縁結び・初宮参り・厄除け・交通安全・合格祈願・家の新築・商売繁盛・七五三詣 など

その他、諸願ご祈祷を執り行っております。 予約優先、随時。


子授け・安産





境内の斎庭の脇にひっそりと建っているこの石は、いつごろ、どんな目的で造られたものなのか詳しいことは定かではありません。
しかし、その形状や日根神社が子授け祈願の神社であることから男性の性器を象徴したものではないかとも言われています。
昔、子宝を願う人たちは、その願いを込めて『枕』を奉納し、この石に子授けを祈願していたのかも知れません。


夫婦の神様


日根神社には神様がご夫婦でお祀りされています。実は意外にも、一般的な神社ではどちらか一柱の神様、もしくは一方の神様が主祭神としてお祀りされている場合が多く、夫婦二柱がそろって祀られている神社は珍しいのです。
男の神様はウガヤフキアヘズノミコトといい “産屋の屋根が葺き終わらないうちに生まれたすばらしい男”という意味で、神様自身とても安産でお生まれになられました。
女の神様はタマヨリヒメといい、もともとウガヤフキアヘズノミコトの乳母でしたから子育ての神様としても有名です。
この夫婦の神様は4人の子宝にめぐまれ、子供たちはみんな立派に成長しました。これにあやかって「安産で元気な赤ちゃんが生まれますように」「子供が健やかに育ちますように」と願う人たちがたくさんお参りされています



子授け・安産の「枕」

その昔、村の娘たちが「素敵な人にめぐり会えますように」「子供が授かりますように」「元気な赤ちゃんを産めますように」と願いを込めて枕をつくり日根神社に奉納しました。
この枕をお祭りの幟につけて練り歩いたのが「まくら祭り」のはじまりといわれ、お祭りに奉納された枕は特別なご利益があるとされ、子宝に恵まれない村人の中にはこの枕を盗みに入る者までいたほどです。

安眠・寝室・枕のお祓い




「枕」の語源

「枕」とは「真座」(ま・くら)あるいは「魂蔵」(たま・くら)が語源だといわれています。
「真座」というのは「真」は神霊、「座」は神様がすわる場所のことをさし、神様をお招きするために頭を乗せる場所という意味があります。
また「魂蔵」には「魂」を納めるための「蔵」という意味があり、昔は人が眠っている間は魂が体から離れていると信じられており、体から抜け出た魂を入れる入れ物のことを「魂蔵」といいました。そして寝ている間にさまよった魂が見てきたできごとが「夢」であるとされていました。
人の一生の半分は睡眠時間です。眠っている間に頭をあずける枕は昔からとても大切なものでした。


安眠の神社


日根神社の「春の祭礼」はおよそ500年前の鎌倉時代の古文書にも見ることができます。この祭礼は、祭りの幟に「枕」をつけて練り歩いたことから「まくら祭り」と呼ばれるようになりました。
もとは子宝を願う村の娘たちが「枕」を奉納したのがはじまりですが、お祭りに奉納する枕はたいへんご利益があるとされ、商売の縁起をかつぐ者や病気の平癒を願う人なども祭礼に参加するようになりました。
最近では「枕」の恩恵にあやかろうと、緊張や不安、日々のストレス、恋愛、勉強の悩みで眠れない方、お子様の夜泣きでお悩みの方、悪い夢を見るという方、引越しなどにより環境が変わって寝苦しい、といった睡眠に関する様々な悩みを抱える方々がお参りになられています。

当神社では、一日の安息の場所である寝室を守護し、みなさまが安心してお休み頂けますよう祈願いたします。



枕のお祓い

当神社では不眠解消のご祈祷を執り行っておりますが、「どうしても自分の枕でないと眠れない」という方は意外と多く、旅先に愛用の“myまくら”を持参される方も少なくありません。
そこで、皆様に普段お使いの枕をお持ちいただき、御神前にて安眠・安全を祈願する“枕のお祓い”を行っております。
また、長い間お使いになられた枕は捨てるに忍びないものです。お役目を終えた枕は感謝の気持ちを込めてお祓いいたします。