2007/04/17 更新


当ホームページへ、ようこそ




会社案内

地図

カラーサンプ





メール


2003/03/10




SUPIMA(スーピマ)とは
“卓越した”という意味のSuperiorと米国産“ピマ綿”の
Pimaを組み合わせた登録商標です


スーピマ綿は超長繊維綿と言われ独特の高貴なつやとしなやかさを持っており、柔らかく丈夫な製品を作ることができます。
スーピマカラータオルは、米国スーピマ協会が認めた最高級ピま綿を使用しており.ふんわりとしたやさしい肌触りで、
洗濯を繰り返してもそのソフトさは変わりありません。また美しい光沢と発色の良さ、非常に優れた吸水性・速乾性という、
タオルに求められる機能性・デザイン性をしっかりとクリアした、高いクオリティーを誇るタオルです。



 スーピマ『カラータオル』
 スーピマ『シルキー』  
 スピンエア−『ムース』 

タオルのお手入れ


*ドライユースとウエットユース。 *目的に合った使用方法。
タオルを暮らしの中で快適に使う為には、ドライユース(乾いた使い方)とウエットユース(濡らす使い方)を、ハッキリと使い分けることが肝心です。例えば、バスタオルなどは、御家族1人ずつのバスタオルを用意するのが、一番理想的といえます。 ●水分をぬぐうことを第一とするなら、シャーリング加工よりパイルものを。
●ひんぱんに洗濯したり、水とともに使うなら乾きの早い薄手でしっかりしたものを。
●インテリアとしてイスの背などにかけるなら、肌触りがよくてシャーリング加工したものを。
*洗ってから、使用しましょう。 *使わないタオルは、洗ってから保管。
必ず洗ってホコリを落としてから使い始める習慣が必要です。タオルの製造工程の中で、細かいホコリが含まれてしまいます。最初は細かい粒子が出ますが、色落ちではなく、余分な染料が出ているわけで2〜3回の洗濯ででなくなります。新しいうちは分けて洗うようにして下さい。
酵素を含んだ漂白剤や柔軟剤は控えめの使用をおすすめします、それらの化学薬品はタオルの水分吸収力や柔軟性を低下させます。
箱詰めタオルなどは、そのままタンスや押し入にしまいこまれがちですが、一度洗ってからしまい直した方が得策です。タオルは長時間の放置により、折り目の地組織が弱くなったり、退色の度合いが中と表面で違ってくる場合があるので注意しましょう、
直射日光はさけて風とうしのよい。涼しいところに保管下さい。
*引っかけ、ほつれの補修は? *タオルの干しかた。
パイルがひけて伸びてしまっている所を、根元で切ってしまいます。また、ヘムや耳がほつれた場合は、一度ミシンをかけると、それ以上すすむのを防げます。
タオルを手でギュっと絞ったり、脱水機で脱水したままの状態で干していませんか?干す前に綿糸をほぐすために両手でパタン、パタンとよく振ってパイルをよく開くようにし、四方にひっぱって全体のゆがみをなくします。