焼酎がブ−ムである。
日本酒が身体にきつく感じるようになったオジサン達。カクテルはキザ過ぎて他の物を探していた人。オンザロックで飲みたいけれどモルトでは高すぎると思っていた人。いろんな理由があろうが、焼酎を飲むことが急にオシャレになってきた。
焼酎は、その製法の違いから「甲類」と「乙類」に分けられる。
「甲類」は、ホワイトリカ−と呼ばれ、酒税法上、アルコ−ル度数は36度未満。クセのない飲み口が特徴である。 宝酒造の「純」 等。チュ−ハイによく使われる。
「乙類」は、いわゆる「本格焼酎」と言われる物。アルコ−ル度数は45度以下。これが最近の流行である。原料は米、麦、芋、栗、キビ、ヒエ、トウモロコシ、甘藷、馬鈴薯、清酒粕、味醂粕、黒糖、等々。まさに多岐に亘る。その中でも、「」が流行である。以前はクセがあったが飲みやすい銘柄が増えたのと、前はお湯割りが主流だったが、今は、オンザロックか水割りで飲むのが流行なので、飲みやすい。
主流は、本格焼酎の芋を、ロックで飲むである。
そんなことに関係なく、自分の好きなのを好きに飲めばいいのだが..。

1.幻の焼酎 森伊蔵、魔王、伊佐美、百年の孤独、人夢可酒
2.幻の焼酎候補  
3.焼酎の飲み方  
4.焼酎のランキング danchuのランキングを中心に
5.飲んだ焼酎一覧  


飲んだ焼酎一覧

胡麻焼酎 紅乙女        
麦焼酎
 幻の焼酎
百年の孤独 人夢可酒      
麦焼酎
 幻候補
夢想仙楽        
麦焼酎 銀座のすずめ 佐藤 茶 黒さそり  よかいち こふくろう
麹屋伝兵衛 杜康 重家蔵 いいちこ25度 知心剣
一番札        
米焼酎 霧の封印 昔気質  なんじゃかんじゃ あまくさ  
芋焼酎
 幻の焼酎
森伊蔵 魔王 伊佐美    
芋焼酎
 幻候補
富乃宝山 黒伊佐錦 蔵の師魂 佐藤 不阿羅王
森八 櫻井      
芋焼酎
 その1
鉄幹 黒 紅鉄幹  海童 海童 蒼(ブルー  石蔵
不二才 九段の人 龍宝 薩摩の大地 大魔王 
薩摩古秘 南薫 前田利右衛門 拾伍歩 五代目 和助
かたつむり あやかし福助 天孫降臨  しま茜 相良仲右衛門
告天子 紫の宗一郎 さつまの海 大海 蒼々
幻の宰相
小松帯刀
里の恵 問わず語らず
名も無き 焼酎
小牧 蟇目(ひきめ) 
?ないな 魔界への誘い 七窪  黒帥  天無双
白金の露 白金の露 黒 薩摩邑 薩摩宝山   
芋焼酎
 その2
一刻者 一刻者 赤      
薩摩邑 紅芋 黒伊佐錦 だんだん 栗東 宮路 薩摩 魂
福金山 さつま 木挽 日向 木挽  日向 木挽2 鶴見
玉露
龍馬が愛した焼酎 別撰 神川  緑の地球  瀞とろ  寿百歳 
黒虎 皇神(すめがみ) 小さな小さな蔵で一所懸命に造った焼酎です ほたる
芋焼酎
 その3
甕雫(かめしずく) さつま 大海 新地のつばめ   百年の宴
蔵の文太 花立の里  さつま おはら  黒 伊佐錦 職人の技 桜門
黒 わか松 黒白波 黒白波(新) 村城(むらき)   
芋焼酎
 その4
黒霧島 赤霧島 白霧島 一粒の麦 薩州宝山
宝泉坊 黒甕 薩摩七夕 牧場の夢 国分
ぜろ不阿羅王 赤芋の匠 のみちょれ 富士白無限 りえもん
倉岳 赤薩摩 さつま島美人  よかいち 黒 紅・王道
赤 薩摩富士 赤兎馬 蔵の神  さくらいずみ  白玉の露
芋焼酎
 その5
蔵元前割り 
伊佐錦
蔵元前割り 
黒七夕
あらわざ 
桜島
黒麹 
天孫降臨
三岳
伊佐大泉 薩摩 こく紫 田苑 紅寿  天星 百恵(ひゃっけい) 赤猿
黄猿 さつま 五代 さつま 無双(赤ラベル) さつま 無双(黒ラベル) さつま 無双(白ラベル)
莫祢氏(あくねし) 薩摩の風 一燈照隅 小鹿  小鹿 本にごり
赤利右衛門 倉岳 2 種子島金兵衛むろか 黒こうじ屋久の島 島黒
栗焼酎 ダバダ火振        
その他 タイガース
(黒糖)
牧場の夢
(牛乳) 
雲海
(そば) 
   





戻る