夢の都ウィーン!
  Page Update:2001/6/29
写真挿入:2001/11/9
 
▲旅行メモ
▲ハルシュタットは、オーストリアの宝石
▲サウンドオブミュージックツアー
▲ウィーンの森ホイリゲ
▲オペレッタのさわり
▲市立公園のシュトラウス
 

夢の都ウィーンは隣街のようでした。

2000年9月8日憧れのウィーンに出発です。
 

                                          レート:10シリング=80円
2000/9/8
関西空港 11:05
ウィーン  16:15 


オーストリア航空 558便
空港からリムジンバス
(ウィーン南駅経由ウィーン西駅行き)で西駅下車。

(バス代70シリング乗車前に運転士に払います。)

その後、近くのホテルまで徒歩です。
Minotel.Zur.Stadthall Hotel

ホテルのお向かいがBillaマーケットだったのでとても便利でした。これ以後、Billaマーケットでのお得意様になります。
(注)マーケットでは、買い物袋はくれません。

ミノテルホテルは、こじんまりと感じのよいプチホテルです。
お風呂:タブなし、シャワーだけです。
朝食:コーヒー紅茶ミルク、パン、ソーセージ、果物、ヨーグルト、バイキング形式
パンが種類が豊富でとても美味しかったです。

テレホンカード50シリング
 (日本へ短い通話だと5シリングくらい)

2000/9/9
ウィーン西駅      8:21
ザルツブルグ中央駅 11:48
 

IC 844  ザルツブルグ中央駅行き

車窓からドナウの流れや メルク修道院が見えました。
ウィーン西駅で重い荷物(サムソナイト)をザルツブルグ駅止めで送りました。
運送費は、90シリング くれぐれも営業時間内に!
本当は、昨日中に荷物を送りたかったのですが、
営業時間18:00までに2.3分遅れてしまった。

昼食用のサンドイッチパンを西駅構内のアンケル(ANKER)で買いました。
ソルトを載せているパンがとても美味しかった。リプトン紅茶のペットボトルは、甘いです。オレンジジュースは、ガス入り。
ファンタの数倍甘い。(@25シリング

ザルツブルグ中央駅 12:15

St.ギルゲン     13:10

バス  バードイシュル行き
バス停は、No.4停からのります。 (60シリング

バス乗り場は分かりにくく少し迷いましたが、「地球の歩き方」をもった親切な台湾の人がNO.4のバス停を教えてくれました。

St.ギルゲンで降りてWolfGangSee湖、船乗り場へ一直線にはしりました。(なんで---)
 

St.ギルゲン     13:20
St.WolfGang   13:57


観光船  シャフベルク駅前 (44シリング) 

船上は、すでに鈴なりの人です。 船内は、以外に空いて飲み物を注文しなくても席に座れます。
ヨーロッパの人は、太陽を浴びたいのでしょう。船上へ船上へと登ります。
広い大きいすばらしいWolfGangSee湖に見とれている間にWolfGangMarktに着きました。
登山鉄道は、すごく混んでいるらしいと噂を聞いていたのでまたまた、一目散に駅まで走ります。(えっまた---)

  シャフベルク駅 から山頂駅 登山鉄道)  往復切符を買います。 (260シリング
 噂どおりに駅では、切符購入者の長蛇の列が出来ていました。
「サウンドオブミュージック」にも登場した鉄道です。眼下に雄大なWolfGangSee湖眺め、素晴らしいアルプスの山々に目を奪われ、う〜んとうなりたくなります。
本当に天空から眺めるようです。

しかし、乗り心地には、ちょっと難ありです。すごい振動です。
胃のマッサージに最適と思われるほどです。思わず隣のオーストリアのおばさんとしっかり見詰め合って笑顔と笑顔で挨拶を交わしました。

オーストリアでは、犬も人と一緒に満員の席にのります。
でもすごくお行儀良く乗っています。しつけの良さに感心します。

シャフペルク山頂


山頂からの眺めは、ぐるり360度、アルプスの山々と湖です。
感動です。山々をただじっと見つめていたい。
(いつまでも--)

肌寒いことを心配していましたが、半そででも大丈夫なくらいでした。
いやいや、暑いくらいです。
 日本のリンドウやあざみとそっくりな植物を見つけました。

 
シャフベルク駅 〜白馬亭へ
ホテル白馬亭泊(ヴァイセン・レッスル

オーストリア旅行で一番楽しみにしていたホテルです。
夕食は、観光ガイドで紹介されているヴォルフガング湖に面したホテルのガーデンレストランでのディナーです。
湖水には観光船、空には月の光、そしてテーブルにローソクの灯り、
お約束のようなディナーシュチュエーションです。

本日のご注文は
ウィンナーシュニッテル、きのこのパスタ、ミックスサラド、そしてグラスワイン白です。
ご安心ください。英語のメニューがあります。
お料理もワインもとても美味しかったです。(満足満足!)


夕食の後は、とても素敵にディスプレイされた各お店自慢のウィンドーショッピング。
いつまでも見ていたい気持ちになります。

楽しんでいると楽隊の音楽が聞こえてきました。
ホテルのそばの広場にいつのまにか大勢の観客がコートを羽織って楽隊を囲んでいます。
ほとんどの人がカップルで寄り添って演奏を楽しんでいます。音楽の国なのだと実感しました・・・。

 
ホテル:バスロープ、スリッパ、冷蔵庫、浴室セット、全てそろっていました。
お風呂:シャワー、もちろんバスタブ有り。

 
 
 
トップページにもどる